Home
★紹介している例文の転載について★
例文の転載は、サイト名「エイゴの時間」もしくはURLを明記し、
サイトをご紹介いただく場合の一部引用のみ、許可しています。
詳細はこちら


★facebookページ開設のお知らせ★
本家サイトが更新されると、紹介したフレーズをfacebookにも配信します。
facebookを利用されているリスナーさんは、ぜひご活用ください。

「エイゴの時間」facebookページ

前へ || 1 | 2 | 3 |...| 174 | 175 | 176 || 次へ

reception --- レセプション?

月曜日のレッスンで poor reception という表現についてお話しましたが、今日は reception という単語について、もうちょっと深く考えてみたいと思います。

♪I have poor reception. --- 電波が悪い

reception といえば、まず思い浮かぶのは受付でしょう:ニコニコ: でも実はそれ以外にも色々な意味があります。reception は receive の名詞形と思えば、イメージがつきやすいかもしれません。

I want to win the whole thing --- 丸ごと全部勝ちに行く

ATPワールドツアー・ファイナルのホームページに錦織圭選手のインタビュー:マイク:記事が載っています。錦織選手の言葉がそのまま記事のタイトルになっているようです。それがこちら。

I want to win the whole thing.

♪It's the other way around --- 逆です

逆でも何でもないのに「逆に言うと」と言う人が増えているそうです:たらーっ:
さて。今日は「逆」を英語で表現してみましょう:パンチ:

be more of --- どちらかと言えば

私は100%犬派だ:びっくり:という人はこう言います。

I'm definitely a dog person.
「私は断然、犬派よ。」

一方、犬も好きだけど猫も好き、でもどちらかと言えば猫派、という人もいるでしょう。

そういう場合は…

前へ || 1 | 2 | 3 |...| 174 | 175 | 176 || 次へ