Home
★紹介している例文の転載について★
例文の転載は、サイト名「エイゴの時間」もしくはURLを明記し、
サイトをご紹介いただく場合の一部引用のみ、許可しています。
詳細はこちら


★facebookページ開設のお知らせ★
本家サイトが更新されると、紹介したフレーズをfacebookにも配信します。
facebookを利用されているリスナーさんは、ぜひご活用ください。

「エイゴの時間」facebookページ

前へ || 1 | 2 | 3 |...| 173 | 174 | 175 || 次へ

Ring any bells? --- 心当たり

Two birds and one stone. Ring any bells?

月曜日のレッスンからの抜粋です。今日は後半の Ring any bells? に注目したいと思います:ニコニコ:

I burned my tongue! --- 猫舌

表題は「猫舌」なのですが、実は。

英語には猫舌に相当する慣用的な表現が見当たりません:ガーン:

♪It's on the tip of my tongue. --- それは舌の先?

思い出せそうで思い出せない・・・:たらーっ:そういうとき、日本語では「喉まで出かかっている」といいますね。英語でも同じ意味を持つフレーズがあります。でも、「喉」じゃあないんです:イヒヒ:

once and for all --- けりをつける

スコットランドの独立反対を訴える演説:マイク:の中で、キャメロン首相はこんな表現を用いました:ポイント:

There's no going back from this. No rerun.
This is a once-and-for-all decision.
前へ || 1 | 2 | 3 |...| 173 | 174 | 175 || 次へ