pros and cons — 物事の長短

邦画のDVDの字幕は英語学習の教材として確かにおもしろいんだけど、リスニングの訓練にはなりません。ちょっとしたジレンマです。
 いずれも長短ある選択肢から一つを選ぶ時、良いところと悪いところを比べますが、この物事の長短、英語ではpros and consと言います。「良いところと悪いところ」の他に、「賛否」とか「是非」という訳語を充てる場合もあります。
例えば…

 The students discussed the pros and cons of credit cards.
 生徒たちはクレジットカードの善し悪しについて話し合った。

 クレジットカードは現金に比べて持ち運びに便利で安全だし、支払も簡単。でも簡単なだけに使いすぎてしまうという心配も。また盗難やクレジットカード詐欺に遭う危険もあります。アメリカの高校では社会科の時間にこんな議論をすることもあるんですよ。

 We studied the pros and cons of taking temp work.
 派遣で働くことの是非について研究した。

 最初の事例ではofの後に名詞が来ましたが、この事例のように動名詞を使うこともできます。

 こっちのレストランは美味いけど高い。あっちのレストランは安いけど味がイマイチ。さあ、どっちにする? こんなシチュエーション、よくありますね。こんな会話では、是非、pros and consを使ってみてください。


このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です