I don’t flatter myself — 謙遜

今日は、中流家庭の崩壊をコミカル&シニカルに描いた映画「アメリカン・ビューティー」からのレッスンです。ケヴィン・スペーシーのナレーションがとっても聞きやすく、英語の勉強にピッタリです さらに、役に立つフレーズが盛り沢山 数回にわたってこの映画からレッスンをお送りしますのでお楽しみに

英文スクリプト
 The movie “American Beauty” is a story about a family; a typical mid class American family which seems quite normal, but in fact, what is going on1 there is anything but2 normal.

 Lester Burnham, played by Kevin Spacey, has just been given a pink slip3, in other words, got fired, couldn’t care less about4 everything and started to act in a reckless5 manner. In the meantime, his wife, Carolyn, who is neither happy about her marriage nor about her career as a real estate agent, is cheating on her husband. Their daughter, Jane, is a defiant6 teenager, saving money for breast implant7 and ready to run away with her drug-dealing boyfriend. She thinks her father is a total loser and has no respect for him.

 Sounds pathetic, huh? But I’ve found it recommendable. This movie offers a number of useful phrases worth learning. For example, When Carolyn is having a drink with Buddy who is in the same business as Carolyne, she says to him, “I don’t flatter8 myself that I’m even in the same league as9 you”. To flatter oneself means to brag10 or boast11. So, she means she is not presumptuous12 enough to think that she is as good as Buddy in selling houses. You can use this phrase like…. I don’t flatter myself13 that I can cook French like a French chef. I don’t flatter myself that I’m an artist. Or, I don’t flatter myself that I’m a modern-day Shakespeare.

 ”American Beauty” is really a good movie. Unless you want to see a pirate or sorcerer or superhuman cop in a movie, I think it’s worth watching.

スクリプト訳文
 映画『アメリカン・ビューティー』はある家族の物語です。一見、アメリカにありがちなごく普通の中産階級の家庭、ところが一皮剥けば、普通とは程遠い実情が…

 ケヴィン・スペイシー演じるレスター・バーナムは会社からピンクの紙切れを渡されたばかり、つまりクビを言い渡されたばかり。もう何もかもがどうでもよくなって、ヤケを起こします。一方、妻のキャロリンは結婚にも不動産仲介業という仕事にも失望し、浮気に走ります。娘のジェーンは反抗的な高校生で、豊胸手術のために貯金をし、麻薬密売人のボーイフレンドと家出を企てる始末。父親を負け犬とみなし、敬意の念などこれっぽっちもない。

 悲惨でしょう? でも是非お奨めしたい映画なのです。学び甲斐のある有用なフレーズもたくさん出てきます。例えば、キャロリンが同業者のバディと一杯やりながら、”I don’t flatter myself that I’m even in the same league as you.” と言うシーン。 flatter oneselfは鼻にかける、うぬぼれるという意味です。つまり、彼女は「自分もバディと同じくらい巧みに家を売れるなんて、ゆめゆめ思っていない」と言っているのです。このフレーズの使い方はというと…I don’t flatter myself that I can cook French like a French chef.(フランス料理のシェフさながらにフランス料理ができるなんて、これっぽっちも思っていません)とか、I don’t flatter myself that I’m an artist.(私がアーティストだなんておこがましい)とか、I don’t flatter myself that I’m a modern-day Shakespeare.(私が現代のシェイクスピアだなんてとんでもない)。

 さて、この『アメリカン・ビューティー』、秀逸の作品です。映画というからには海賊だの魔法使いだの人間離れした警官だのが出てこなくては、と思う人には向きませんが、そうでなければ一見の価値有りと思います。

レッスン
I don’t flatter myself that I’m an artist.
「アーティストだなんてとんでもない。」

出典
<%Amazon(B000B4NFPC)%>

「アメリカン・ビューティ」は「アメリカの美」という意味ですが、バラの品種名でもあります。バラがmetaphor(メタファー:隠喩)になっていて、妄想シーンでは必ずこのバラが現れます。その他のシーンでもところどころに“赤”が使われていますよ


  1. what is going on:起こっていること
  2. anything but~:~とは程遠い、~どころではない
  3. pink slip:解雇通知
  4. couldn’t care less about~:~などどうでもいい、少しも気にしない
  5. reckless:無謀な、見境のない
  6. defiant:反抗的な、素直でない
  7. breast implant:豊胸手術
  8. flatter:お世辞を言う、媚びる、褒めそやす
  9. not in the same league as~:~とは格が違う、~にはとてもかなわない
  10. brag:自慢する、威張る
  11. boast:うぬぼれる、豪語する
  12. presumptuous:思い上がった、ずうずうしい
  13. flatter oneself:うぬぼれる、いい気になる

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です