ring a bell — 思い当たるふし

ちょっと前に紹介した、「度忘れ」のフレーズ、覚えていますか 今日はその続き。何かを見たり耳にした瞬間にピン ときて思い出した そんなときに使えるフレーズを紹介します

英文スクリプト
 When I have a little time to kill1, I often pick up my favorite idiom book. I call it a monkey book since there’s a picture of a monkey on the phone2 on its cover. It’s actually a dictionary but it doesn’t look like a typical dictionary. It’s really well organized. You can use alphabetical and key word indices3. When you look up any idiom or phrase, you can find its meaning and origin, and a short, simple example to help you understand how to use it.

 Let me go to the R section, for instance, where I’ve found an idiom, “ring a bell4“. The meaning is to sound familiar5, to remind you of something6, often vaguely7. As is explained in the book, there are many bells and they usually ring to tell you to do things. For instance, when a telephone bell rings, it tells you to pick up the phone. A doorbell rings and we know someone’s at the door. When a toaster bell rings, it reminds you to8 take out the toast. So, if something “rings a bell”, it causes you to remember something. It can be anything, a face, a name, a number, or a date. Let’s say, someone asks you if you know a person called Mary Smith. You can’t think of anyone by that name. Then he shows you a picture and you see a woman’s face on it. You’ve seen that person before though you may not remember her very well. In this case, the woman’s face rings a bell with you while her name doesn’t.

 When I talked about this idiom with Kaori, our website director, it rang a bell with her. She thought about it for a while and remembered a movie Firewall. She heard the phrase in the movie.

スクリプト訳文
 ちょっとした暇つぶしに、よくお気に入りのイディオムブックを手に取ります。表紙に電話中のお猿のイラストがあるので、モンキーブックと呼んでいます。実質的には辞書なのですが、体裁としては辞書らしくない辞書です。とてもまとまりの良い一冊で、アルファベットの索引とキーワードの索引があります。慣用句ごとに意味と語源のほか、簡単な例文も載っているので使い方も分かります。

 例えば「R」の項を見てみると、ring a bellという慣用句が見つかります。聞き覚えがある、よくは思い出せないが何かを思い出すという意味です。先のイディオム辞典にも説明されているように、ベルにもいろいろありますが、たいていは何かをせよという合図として鳴ります。例えば、電話のベルは「電話の受話器を取りなさい」という指示です。玄関のベルが鳴れば誰かの訪れを知るし、トースターのベルが鳴れば「トースターからパンを出さなくちゃ」と思い出します。つまり「何かがベルを鳴らす」という慣用句は、「何かを思い出させる」という意味なのです。この「何か」は顔、名前、番号、あるいは日付など、何でもかまいません。例えば、誰かがあなたに「メアリー・スミスという人を知っていますか」と訊いたとしましょう。あなたはそういう名前の人には心当たりがありません。そこでこの人はあなたに一葉の写真を見せます。そこには女性の顔が写っています。はっきりとは思い出せなくても、見覚えのある顔です。この場合、あなたにとってその女性の顔は「ベルを鳴らすもの」ですが、彼女の名前はそうではありません。

 この慣用句についてウチのサイトディレクターのkaoriクンと話をしたところ、彼女にはベルが鳴ったようです。ちょっと考えて、『ファイヤーウォール』という映画を思い出してくれました。kaori クンはこの映画の中で、このフレーズを耳にしていました。

レッスン
His face rings a bell with me.
「彼の顔には見覚えがある。」

出典
<%Amazon(0439770831)%>


  1. time to kill:暇な時間
  2. on the phone:電話中
  3. indices:index[索引]の複数形
  4. ring a bell:思い当たることがある、ピンとくる
  5. sound familiar:聞き覚えがある
  6. remind 人 of ~:人に~を思い出させる
  7. vaguely:漠然と
  8. remind 人 to ~:人に~するのを思い出させる

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です