New Year’s card — 年賀状

早いものでもう年末ですね そろそろ年賀状をどうしようかと迷い始める頃ではないでしょうか 最近は年賀状を出さない人や、メールで済ます人も増えているそうですが、個人的には「今年はどういうデザインにしようかなぁ」 と考えるのが楽しかったりします
さて。今日はリスナーのeikoさんからいただいた、年賀状に関する質問にお答えします。

質問
年賀状の準備をしているのですが、これまで頂いた年賀状を見ていたら「A happy new year」「Happy new year」というように冠詞の「a」がついているのとついていないものがあるのに気づきました。どちらが正しいのでしょうか?

お答え
eikoさんの他にも、同様の質問 が届いています。この時期に悩む方が多い質問ですね

こんなとき、私はYahooグリーティングなど、欧米のサービスではどんな言葉が使われているか を調べてみます。
さっそく調べたら、「Happy New Year!」がほとんどでした。いくつかのカードでは「A Happy New Year!」と書かれていましたが、小さく「Wishing you」などが付け加えてあり、単体で「A Happy New Year!」と書かれているカードは見当たりませんでした。

例えば、「誕生日おめでとう」は「Happy birthday!」であって、「A Happy birthday!」とはいいませんね。
同じように考えると、挨拶言葉としては、
 Happy New Year!
が正しいと言えます。

念のため、イギリス人ネイティブに聞いてみたところ、やはり「A」をつけるなら文章にすべきで「A happy new year!」はおかしい、違和感があるとのことでした

A をつけるときは
 Have a happy new year!
 I wish you a happy new year!
 Wishing you a happy new year!

のように、文章にするときです。この場合は、逆に「A」がないとおかしくなりますので注意してくださいね

ちなみに、目上の方には、”Happy New Year!” という挨拶言葉ではなく、”I wish you a happy new year!” のように、きちんとした文章にするのがマナーだそうです
このあたりは日本のマナー1に似ていますね


  1. 知らない方も多いと思いますが「賀正」「迎春」のような二文字の賀詞を目上の人に送るのはマナー違反といわれているんですよ。

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です