I just took it for granted… — てっきりそういうものだと…

今日は月曜日のレッスンの補足です。take it for granted (that) の使い方について、もう少し詳しくお話しましょう

一般的に、この take it for granted というフレーズはthat節を従え、このthat節以降の内容に関して「深く考えも確認もせず、そういうものだと思い込む」という意味に用いられます。例えば、「メアリーとボブはいつもいっしょにいるから、てっきり二人は夫婦だと思っていた」というときには、以下のように言います。

 Mary and Bob are always seen together, so I took it for granted that they’re married.

何年か前にカナダのモントリオールに旅行したのですが、街角のパパママショップでは英語が通用せず 、錆び付いたフランス語で四苦八苦した思い出があります。私としては「カナダではみんな英語を話すものだと思い込んでいた」わけです

 I took it for granted that everyone would speak English in Canada.

このフレーズは受動態で使われることも多いのですが、これでちょっと混乱する方もいらっしゃるようです。この場合、主語となるのはtakeの後のitです。It is taken for granted thatとなり、「(that節以降の内容)と思われている」といった意味になります

 It’s often taken for granted that everyone speaks English in Canada.

これで「カナダでは誰もが英語を話すと思われがちだ」という意味になります

特に確かめたわけではないけれど、何となくそういうものだと思っていた そんな経験、ありますよね。よく使われるフレーズです。


このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です