Don’t get me wrong. — 誤解しないで

地味な作品が多いという前評判だった今年のアカデミー賞。たしかにノミネートされた作品を眺めてみると、知らない作品もチラホラ… というのもあたりまえ、日本ではこれから公開される作品が多いんですね 作品賞・監督賞を受賞した「ノーカントリー」は今週末公開です。

英文スクリプト
 The 80th Academy Awards winners were announced on February 24. I haven’t had a chance yet to watch any of the award-winning films, but I want to congratulate the Coen brothers, Joel and Ethan, for winning the Best Director Oscar. I like their movies. “Fargo”, “Stormy Monday”, and “Miller’s Crossing” are my favorite, but the one I’ve chosen for you today is “Intolerable1 Cruelty2“. I’d give it a B-minus but the main character, Miles Massey, a divorce3 lawyer4, is played by George Clooney and he is one of the Oscar nominees. So why not? He should deserve some attention as well, shouldn’t he?

 Marylin, who’s played by Catherine Zeta-Jones, is after her husband’s money or alimony5. She hires a private detective6, Gus Petch, to get evidence7 of her husband’s infidelity8. When he gives the videotaped evidence to Marylin, he’s impressed with her because she looks calm and cool, no weeping9 or wailing10. Then Marylin says, “Don’t get me wrong”. And this is the phrase I want you to learn today. “Don’t get me wrong.” This phrase is used when you want to make sure someone doesn’t misunderstand you. In this case, even though Marylin seems calm and cool to Petch, she doesn’t want him to think that she isn’t sad or shocked. Well, the fact is that she isn’t. Far from it11. She couldn’t be happier. Think what she is after.

 Again, the story itself isn’t really my cup of tea12, but there are some nice lines and expressions you might want to learn. So, if you like the Coen brothers and have watched “Fargo” already, give it a shot.

スクリプト訳文
 2月24日、第80回アカデミー賞の受賞者が発表されました。受賞作品はまだひとつも観ていませんが、ジョエルとイーサンのコーエン兄弟には心からおめでとうと言いたい。最優秀監督賞です。私はコーエン兄弟の映画が大好きで、特にお気に入りなのが『ファーゴ』、『ストーミー・マンデー』、それから『ミラーズ・クロッシング』です。ただし今日ご紹介するのは『ディボース・ショウ』。私的にはBマイナスの評価ですが、主役の離婚訴訟専門弁護士マイルズ・マッシーを、主演男優賞にノミネートされていたジョージ・クルーニーが演じているのでこれを選びました。彼の健闘も敬意を表するに値すると思うのですよ。

 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ演じるマリリンのお目当ては夫のお金、離婚後にもらえる扶養料です。彼女は私立探偵のガス・ペッチを雇い、夫の浮気の証拠を手に入れます。この浮気現場を録画したビデオをマリリンに手渡す時、ペッチは彼女の落ち着きぶりに感心します。泣きも喚きもしません。そこでマリリンはこう言います。”Don’t get me wrong.” これが今日、皆さんに覚えていただきたいフレーズです。”Don’t get me wrong.” 誰かに誤解されたくない時に使うフレーズで、「誤解しないでね」という意味です。ここでマリリンが言いたいのは、一見冷静に見えるだろうけれど、悲しくないとか、ショックでないというわけではない、ということです。ま、ほんとのところは悲しくもないし、ショックでもない。それどころか笑いが止まらないことでしょう。何しろお目当てがお目当てです。

 先にも言いましたが、個人的には好みの作品ではありません。でも参考になるセリフや表現はけっこう出てきます。コーエン兄弟の映画が好きで、『ファーゴ』はもう観たという方、ぜひどうぞ。

レッスン
Don’t get me wrong.
「誤解しないで。」

出典
<%Amazon(B000BIX8GO)%>

映画の中で出てくる表現をもう1つ紹介します。
 wrong pipe.
何かがヘンなところに入り、むせてしまってゴホッゴホッ そんなときに使えるのがこの表現です。よく言いませんか
「ゴホッ あ、ヘンなとこに入っちゃった。」
これにあたる英語がコレ↑ このpipeは気管という意味です。
(Something went down the) wrong pipe. 使ってみてね


  1. intolerable:耐え難い
  2. cruelty:残酷さ
  3. divorce:離婚
  4. divorce lawyer:離婚訴訟専門の弁護士
  5. alimony:離婚[別居]後、夫が妻に[あるいは妻が夫に]支払う扶養料
  6. private detective:私立探偵
  7. evidence:証拠
  8. infidelity:不貞、浮気
  9. weep:すすり泣く
  10. wail:声を上げて泣く
  11. far from it:それどころか、とんでもない
  12. cup of tea:好みのもの、性に合うもの、得意なもの

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です