Mind the gap! — 足許に気をつけて

ちょっと死語 かもしれませんが、何か失敗をしてしまった人に「ドンマイ 」と声をかけますよね。この「ドンマイ」、英語のDon’t mind.から来ています。でもこの表現はあまり使われません こんなシチュエーションでは Never mind. と言います Don’t worry.とも言えますね。今日はこの mind を使ったフレーズです。

英文スクリプト
 Have you ever heard of the phrase “mind the gap“? If you’ve ever taken the subway, or the tube1, in London, then I’m sure you have. This is one of those automated in-carriage announcements which is typically followed by “stand clear of2 the closing doors”. It’s a warning to passengers to remind them of the gap between the train door and the station platform. We have similar warnings here in Japan, right?

 There’re two reasons why I’m talking about this “mind the gap“. One is simply that I found fancy stationery3 products online and these pens and notebooks came with a variety of transportation pictograms4. They’re symbol signs you can find in train stations, airports, hotels, shopping malls and other public places.

 Secondly, I wanted to focus on the verb “mind”. There are certain verbs I personally think to be very English such as “deserve”, “matter”, and “work”. And the word “mind” is one of them. “Mind” is often used in question forms such as “do you mind?” And answering to this “do you mind?” question is sometimes quite confusing5 especially for the Japanese. So, I think I should talk more about it on our website. Please make sure to keep coming back on Thursdays.

 Going back to the phrase “mind the gap” itself, I think it’s kind of easy to remember. I think many of you are commuting6 on a daily basis whether to work or to school. So, the next time you take a train, remember the phrase and mind the gap!

スクリプト訳文
 mind the gapというフレーズを聞いたことがありますか? ロンドンで地下鉄(アメリカではsubway、英国ではtubeもしくはunderground)に乗ったことのある人なら、聞き覚えがあると思います。自動音声の車内アナウンスの一つで、たいていはこの後に「閉まるドアから離れてください」と続きます。乗客に対して電車のドアとプラットフォームの隙間に注意を促す警告です。日本にも似たようなアナウンスがありますね。

 なぜmind the gapの話をしているかというと、理由は二つあります。一つはごく単純。オンラインでおしゃれな文房具を見つけたのですが、これらペンやノートに交通標識の絵柄が付いていたこと。電車の駅、空港、ホテル、デパートなど、公共の場でよく見る、シンプルな絵図を用いたマークです。

 二つめに、このmindという動詞を取り上げたかったこと。あくまでも個人的な考えなのですが、非常に英語らしい動詞というのがあると思うのです。例えば、deserveやmatterやworkなど。mindという単語もその一つです。mindは’do you mind?’のように、しばしば疑問文で使われます。そしてこの質問に答える時、特に私たち日本人はけっこう戸惑ってしまうんですね。しかるに、この単語についてサイトの方でもっと詳しくお話するのが良いでしょう。木曜日のレッスンで取り上げる予定なので、注目していてくださいね。

 さて、mind the gapというフレーズそのものに戻りますが、これはけっこう覚えやすい表現ではないでしょうか。皆さん、職場なり学校なりへ毎日通っていると思います。次回電車に乗る時は、是非このフレーズを思い出してみてください。そして足許にはくれぐれも要注意!

レッスン
Mind the gap.
「(進行方向に溝などがある場合に)足許に気をつけて」


  1. tube:地下鉄〈英〉
  2. stand clear of~:~から離れて立つ
  3. stationery:文房具、事務用品
  4. pictogram:ピクトグラム、絵文字
  5. confusing:分かりにくい、紛らわしい
  6. commute:通勤・通学する

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です