Help yourself. — 好きに食べてね

今日は、リスナーの Yukkunさん からいただいた質問にお答えします。

質問
映画「オーシャンズ11」を見ていて、オーシャンが「~brand of Vodka」と言ってたのですが、字幕では「計画が気に入らないヤツは去れ」となってました。(すいません全文覚えて無くて)
どうか正しいフレーズを教えて頂けませんか?
また、恐らく否定形で使われていたと思うのですが、肯定文でも使えるのでしょうか?
対象が食べ物や洋服でも使用出来ますか?
よろしくお願いします。

英文スクリプト
 Our listener has sent us a question, referring to1 a line from the movie “Ocean’s Eleven”. Apparently, she had difficulty picking up some words in the line. Kaori made a research and found that line in a movie database on the Net. And it goes: If that doesn’t sound like your particular brand of vodka2, help yourself to3 as much food as you like.

 Her question is about the first half of the sentence, more specifically how to use the phrase “not your particular brand of vodka”. Well, honestly, I’ve never heard of this expression. But I guess it’s similar to this idiom, “not my cup of tea“. Very simply put, if something is not your cup of tea, you don’t like it very much.

 Now let’s take a look at the second half of the sentence because it uses a good expression to learn, which is “help yourself“.

 Let’s say you’re staying at your friend’s house for a few days. Your friend shows you around the house and when he comes in the kitchen, he says to you “Help yourself to anything in the fridge”. It means you can feel free to4 eat or drink anything in the refrigerator.

 Let me give you another example. You’re invited to a small gathering and you’re served a cup of coffee, or maybe tea. Your host says to the guests, “Help yourself to some cream and sugar, if you like”. Then, if you drink your coffee with cream or sugar, you’re expected to get it yourself.

 Now, you may want to note that the preposition5 “to” is used in these sentences. Help yourself to some coffee and cakes. Help yourself to a glass of wine and some cheese.

スクリプト訳文
 リスナーの方から質問を頂戴しました。映画『オーシャンズ11』に出てくる台詞についての質問です。台詞に使われている単語の中に、聞き取りにくいものがあったようです。カオリ君がネットで調べて映画のデータベースから見つけてきてくれました。こんな一文です。”If that doesn’t sound like your particular brand of vodka, help yourself to as much food as you like.”

 質問のポイントはこのセンテンスの前半、つまり”not your particular brand of vodka”の使い方ですが、正直なところ、実際には聞いたことのない表現です。思うに、”not my cup of tea“と同様の慣用句ではないでしょうか。大雑把に言うと、”not my cup of tea“というのは「自分の趣味や好みに合わない」という意味です。

 さて、先のセンテンスの後半に注目してみましょう。是非覚えたい表現があります。”help yourself”がそれです。

 例えば、友人のお宅に何日かご厄介になるとしましょう。友人は家の中を案内して、キッチンに来るとこう言います。”Help yourself to anything in the fridge.” これは「冷蔵庫の中のものは何でも遠慮無く食べていいよ」という意味です。

 もう一つ例を挙げましょうか。ちょっとした集まりに招待されて、コーヒーやお茶が振る舞われます。ご亭主が客人に向かってこう言います。”Help yourself to some cream and sugar, if you like.” この場合、コーヒーにミルクや砂糖を入れたければ、自分で取って入れます。

 さて、これらのセンテンスでは前置詞toが使われるのも重要なポイントです。例えば、Help yourself to some coffee and cakes. あるいは Help yourself to a glass of wine and some cheese.

レッスン
Help yourself to a cup of coffee or tea.
「コーヒーでもお茶でもお好きなものをどうぞ。」

出典
<%Amazon(B0019R6L9M)%>


  1. refer to~:~について言及する
  2. not my particular brand of vodka:[自分の]趣味や好みに合わない
  3. help yourself to~:~を自分で自由に食べて[飲んで]ください
  4. feel free to [do]:自由に~する、遠慮無く~する
  5. preposition:前置詞

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です