helpを使いこなす(1)

help は義務教育なら中学校で習う最も基本的な単語のひとつです。日本語でも「ヘルプ」というカタカナ表記をそのまま使います。あまりに簡単で、ときに侮られたり、軽んじられたりもするんですが、どうしてどうして。この子はなかなかの働き者です 例えば月曜日のレッスンでは help yourself to というフレーズをご紹介しましたが、このhelpは「助ける」という意味とはちょっと違いますね 今日は help という、簡単だけど実は使いでのある動詞についておさらいしましょう

●まずは基本の「助ける」から。

My friend helped me (to) find the job.
(友人の助けで職を得た。)

直訳すれば、「私の友人は私が仕事を見つけるのを助けてくれた」ですね

We help our customers (to) better manage their human resources.
(弊社はお客様のより効率的な人材管理を支援します。)

会社案内のパンフ などでよく見かける一文です。日本語を見ると何やら難しげ なんですが、これも help を使えば簡単に表現できます ビジネス翻訳の仕事をしていると、時々helpなんて簡単な単語はいやだ、support とか contribute とか、もっと長くて難しそうな単語を使ってくれ、なんてリクエストを頂戴するのですが むしろ help のようなある意味とても英語らしい英語をうまく使いこなせると、あなたの英語はもっとずっと英語らしくなると思います ちなみにbetterは「よりよく」という副詞です。

●食べ物や飲み物を「供する」という意味でも使われます。

Help yourself to some coffee.

(コーヒーをどうぞ。)

月曜日のレッスンで説明した通り、この場合、help yourself ですから「自分でカップ にコーヒーを注いで飲む」のですね。セルフサービスです。

He helped us all to some cake.

(彼は私たちみんなにケーキを振る舞ってくれた。)

この例文は Encarta(R) からの引用です。「食べ物や飲み物を供する」という意味を説明するために引用しましたが、私自身、あまりこういう使い方はしないかな 「コーヒーを出してくれた」で一番最初に思いつく英文は”He made some coffee for us.” です madeを使うと「彼がコーヒーを煎れてくれた」になりますが、「買ってくれた」なら buy ですし、「ご馳走してくれた」なら treat も使えますね ま、helpという動詞はすぐには出てこないかもしれません。ここでは help yourself というフレーズで覚えてください。

ちょっと余談ですが。。。

Have another helping.

これで「お代わりをどうぞ」という意味になります 取り分け用の大きなスプーンでマッシュポテトをすくい取る様子を想像してください。この「一さじ」が helping です。どーんと山盛り一杯は big helping ですし、ほんのちょっとは small helping です。

来週も引き続き help を取り上げますので是非来てくださいね。


このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です