helpを使いこなす(2)

先週に引き続き、helpの使い方をおさらいします。

●helpは「避ける」とか「抑制する」という意味でも使われます

I can’t help thinking about it.
(そのことが頭から離れない。)

直訳すれば「私はそのことについて考えることを抑えられない」ですね。この help には「自分ではどうにも避けられない、抑制できない」という含意があります。

I won’t go there if I can help it.
(行かずにすむなら行かない。)

この文のif節も「自分の意志とか裁量で避けられるものなら」という意味です。これらの事例からも分かるように、help がこの意味で使われる場合は、通常、canとかcan’tを伴うところがポイントです

I can’t help it.
(私にはどうしようもない。)

It can’t be helped.
(しょうがない。)

これもよく使われる表現です。下の例のように受動態で用いられることもあります。本当に help できない場合もありましょうが、言い訳の常套句としても使われます 「私のせいじゃない」といった感じです

●最後に、「役に立つ」、状況などを「改善したり、緩和したりする」という意味で使われるhelpについて。

Oh, that should help!

ジャムの瓶のふたが開かない すると誰かがゴムの手袋を持ってきてくれた。そこであなたはこう言います。”Oh, that should help!”
新しい部屋をモノトーンでまとめてみたが、何だか殺風景で冷たい感じがする 「観葉植物 でも飾ってみたら 」と提案してくれた友人に、さあ、言ってください。”Oh, that should help!”
つまりこの help は、瓶のふたを開けるのに「役に立つ」、殺風景な部屋を「改善する」あるいは冷たい感じを「緩和する」という意味で使われているわけです 必ず should を使用するというわけではありません。状況や文脈に応じて、it helps、it can help、it might help となることもあります。

Crying won’t help.
(泣いても無駄。)

この表現もよく使われます。泣くことは「何の役にも立たない」、「状況の改善にはつながらない」という意味ですね

いかがでしたか I hope this topic will help you better understand the word help!


このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です