beating around the bush — 遠回し

今日は少~し難しい話題を取り上げます 聞きなれない単語が多いかもしれませんが、注釈を見ながら頑張ってレッスンしましょう。ピックアップするフレーズそのものは簡単でかつ普段でも使えるので、ぜひ覚えてくださいね

 ”There is no use beating around the bush1, this meeting has collapsed2, members have simply not been able to bridge their differences” was the comment the WTO or the World Trade Organization’s Director-General Pascal Lamy gave to Journalists, when the nine-day talks ended in failure3 at the end of last month. During the meeting which some called marathon negotiations, world trading powers gathered in Geneva to negotiate a global trade pact4. But reportedly, the United States which is the world’s economic superpower and India representing the interest of emerging economies5 remained sharply divided over some of the important issues such as the special safeguard mechanism6 and subsidy levels.

 I came across the comment I referred to earlier, when I was watching a news program on TV. It’s a Japanese program but the original video clip which was spoken in English was used with Japanese subtitles. And I thought instantly it’s a good expression to share with you.

 The idiom “to beat around the bush” means to avoid answering a question or coming to the point7; to approach something in a roundabout8 way. When someone is saying something indirectly but you want a direct answer or comment, you’ll say “stop beating around the bush”. For Mr. Lamy there’s no use beating around the bush, so he said very directly that the meeting had collapsed.

 I also found the news article on the web. There are more phrases worth learning in the article. I’ll give you its URL on our website. Or you can find it yourself by searching for “trading powers reel9 from collapse of crucial talks”.

 「遠回しに言ってもしかたがない。交渉は決裂した。加盟国は意見の違いをどうしても克服できなかった」 先月末、9日間に及ぶ交渉が不調に終わった際、WTO、世界貿易機関のパスカル・ラミー事務局長が報道関係者に対して発したコメントです。マラソン交渉とも呼ばれるこの会合では、世界の貿易大国がジュネーブに集まり、グローバルな貿易協定について交渉しました。しかし報道の通り、経済超大国のアメリカと新興経済国の利益を代表するインドが、特別保護関税や補助金に関する問題で、鋭い対立を解けぬままに終わりました。


 to beat around the bushという慣用句には、質問への回答を避けるとか、要点を避けて話す、回りくどい話し方をするといった意味があります。例えば、誰かが何かを間接的に話しているが、あなたはもっと直接的な回答なりコメントなりがほしい。こういう時は”Stop beating around the bush.(回りくどい言い方はやめてくれ)”といえばいい。ラミー氏も遠回しに言ってもしかたがないと考え、「この交渉は決裂した」と非常に端的に述べたのです。

 ウェブでこの件に関する記事も見つけました。他にも覚えたい表現がありましたので、エイゴの時間のウェブサイトにURLを載せておきます。あるいは”trading powers reel from collapse of crucial talks”で検索すれば見つかると思います。

Stop beating around the bush.

  1. beat around the bush:要点に触れるのを避ける、遠回しな言い方をする
  2. collapse:崩壊する、[交渉などが]決裂する
  3. end in failure:不調に終わる、挫折する、水泡に帰す
  4. trade pact:貿易協定
  5. emerging economies:新興経済国[中国やインドなどに代表される]
  6. special safeguard mechanism:特別セーフガード措置、特別保護関税
  7. come to the point:単刀直入に話す、端的に言う
  8. roundabout:[名]回り道、[形]遠回しの、回りくどい
  9. reel:よろめく、動揺する



メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です