We are used to… — 慣れている

ここ数回とりあげている used to は、意外と使いこなせる、というリスナーさんも多いのではないでしょうか。
でも、これにbe動詞がついてbe used toになったらどうでしょう 似て非なる2つの表現、こんがらがらずに使いこなせますか

 Last week I talked about the phrase ‘use to do something’. The phrase you’re going to learn today is ‘be used to doing something1‘. They sound similar but in fact they’re very different and a lot of students are confused2 by these two.

 If you are or you get used to something or doing something, you are or you become familiar with it. It’s no longer new or strange.

 For example, you’ve just got your first glasses. They’re new to you and you feel strange and uncomfortable with them. You are not used to wearing glasses. Or, you’ve got a cat from a friend. You never had one before. After a few months, you’re finally getting used to having a cat around the house.

 先週は used to do something というフレーズを取り上げました。今日皆さんに覚えていただくフレーズは be used to doing something です。前のフレーズと似ているようですが、実は全然違う 混乱 する人、けっこういます

 be used to あるいは get used to には名詞もしくは動名詞が続きます。「何々あるいは何々することに慣れている、慣れる」という意味になります 慣れた結果、もう目新しくもめずらしくもありません。

 例えば、生まれて初めてメガネをかけたとしましょう。かけたことないものかけてるわけですから、変な感じがするし、何か落ち着かない You are not used to wearing glasses、「メガネの着用に慣れていない」のです。あるいは。友人からネコ をもらいました。ネコなんて飼ったことありません。数か月してようやく、あなたは getting used to having a cat around the house、「家にネコが居ることに慣れてきました」

I’m not used to wearing glasses.

  1. be/get used to something/doing something:~に慣れている、慣れる
  2. [be] confused:混乱する



メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です