The book is worth reading. — 一読に値する

worth というと「金銭的に」価値がある、という意味だと思われがちですが、金銭以外にも使えます。意外と使えるフレーズなのでまるまる覚えてしまいましょう
ちなみに、以前にも紹介しています。こちらもあわせてお読みください

英文スクリプト
 Today I’m going to talk about the word ‘worth‘, w-o-r-t-h, worth. It’s an adjective1 used for saying that there is a good enough reason for doing something2, because it’s important, useful or enjoyable.

 The word ‘worth’ is typically followed by a noun or the ‘-ing’ form of a verb.

 For example: I’ve got this word from the movie Gambit. It’s written by the Coen brothers. I enjoyed it and would definitely recommend it. The movie is worth seeing.

 A couple of more examples? The book is worth reading. This idea is worth considering. His advice is worth taking. And if you’re in New York, the Guggenheim is worth visiting.

スクリプト訳文
 今日は worth という言葉についてお話します worthは、例えば重要であるとか、有益であるとか、楽しいであるとか、「何かをするに足る十分な理由がある」と言うときに用いる形容詞です

 通常は名詞もしくは動詞のing形が続きます。

 例えば、この単語は映画『モネ・ゲーム』から拾ってきました。コーエン兄弟の脚本 で、すごくおもしろかった 皆さんにも是非お奨めしたい。The movie is worth seeing、「見る価値がある」映画です

 もういくつか例を挙げましょう。「一読に値する本」なら a book worth reading、「一考に値する考え」なら an idea worth considering、「耳を傾けるに足る助言」なら advice worth takingです。もしあなたがニューヨークにいるなら、The Guggenheim is worth visiting、グッゲンハイム・ミュージアムはお奨めです

レッスン
This book is worth reading.
「この本は一読に値する。」

出典
モネ・ゲーム [DVD]


  1. adjective:形容詞
  2. [be] worth doing something:~する価値がある

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です