Pay attention! — ちゃんと聞いて!

今日取り上げるフレーズは”pay attention”です。「気を使う、注意を払う」という意味です。そのまま日本語に直訳しても同じ意味なので、一見分かりやすそうですが、意外と日本人がうまく使えないフレーズのひとつかもしれません 今日のレッスンでマスターしてください

英文スクリプト
 It seems that I can use the movie Frozen for another couple of weeks. This movie is truly great for English learners of all levels, offering a number of words and phrases that you can use right away in everyday conversations.

 For example, let’s look at the dialogue between Anna and Kristoff again. Kristoff says, ‘Hang on, you mean to tell me you got engaged to someone you just met that day?’ But that’s not what Anna wants to talk about. Anna wants to talk about her sister, Elsa. So, she asks Kristoff to ‘pay attention‘.

 When you want someone to listen to you carefully, stop being distracted and get focused, you can use this phrase ‘Pay attention!’

スクリプト訳文
 アナ雪は(ネタ元として)あと2、3週間は使えそうです 英語学習者にとっては、習熟度の別を問わず、良質な教材ともなるでしょう 日常会話にすぐにでも使える単語やフレーズがたくさん出てきます。

 例えば、アナとクリストフのやりとりをもう一度見てみましょう。クリストフはアナに言います。「ちょっと待って。会ったその日に婚約するってのかい 」 でも、アナがさしあたって話したいのは婚約相手のことではありません。姉のエルサのことです。そこでアナはクリストフに Pay attention! と言います。

 自分の言葉を注意深く聞いてほしいとき、別のことに気をとられず、集中してほしいときは、是非 Pay attention! を使ってください。「ほら、ちゃんと聞いて 」という意味です

レッスン
Pay attention!
「ちゃんと聞いて!」

出典
アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]


このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です