But I didn’t! — でも大丈夫だったでしょ?

表題の日本語は「でも大丈夫だったでしょ 」なのですが、もちろん、But I didn’t! がダイレクトに「でも大丈夫」を意味するわけではありません では何がどうなってこんな日本語が出てきたんでしょ

このセリフは、『アナと雪の女王』でクリストフとアナが氷のお城を目指す途次、オオカミの群れに襲われるシーンに出てきます。オオカミたちを追い払おうとして、アナは火の付いた毛布を投げつけるんですが、これがクリストフに当たりそうになる。当然、クリストフとしては文句のひとつも言いたくなります。

Kristoff: You almost set me on fire!
Anna: But I didn’t!

set ~ on fire は「~に火を付ける」という意味です。「君は僕に火を付けた!」と思いきや、almost がありました。アナは「もう少しで」クリストフを火だるまにするところだったのですが、実際にはしなかった。そこでアナはBut I didn’t (set you on fire)! つまり「でもしなかったでしょ」、「大丈夫だったでしょ」と言い返しました。

このフレーズのミソは前に来るセンテンスとペアで覚えることです。切り離してはいけません。いくつか例文を挙げましょう

John: You were almost late!
Mary: But I wasn’t! (I wasn’t late.)

「もう少しで遅れるところだぞ 」というジョンに、メアリは「でも遅れなかったでしょ、大丈夫だったでしょ」と言っています。動詞に注意 してください。この例では一般動詞ではなく、be動詞を使っていますが、コンセプトは変わりません。

John: We almost missed our flight!
Mary: But we didn’t! (we didn’t miss our flight.)

結果、「もう少しで飛行機に乗り遅れるところだったじゃないか 」と憤るジョンに、メアリはしれっと答えます。「でも乗り遅れなかったでしょ、大丈夫だったでしょ」

映画でも日常会話 でもよく出てくるやりとりです。ま、平たく言えば、開き直りの表現ですね 遅刻しそうになったらまずは謝りましょう


このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です