本は語る – The book says

英語の本はしゃべるのだ、とウチの Kaori クンはのたもうた。
「だってさ、book saysっていうじゃない?」
確かに。動詞 say の主語はヒトに限りません

the book says, my watch says, your face says … モノやコトも主語になります。ちょっと小難しい言葉を使うなら無生物主語ですね。

この無生物主語の文章を訳すときは、ちょっと工夫が必要です。例文を挙げますので2つの訳文を比べてみてください。

The book says the largest animal on earth is the blue whale.

– その本は、地球上で一番大きな動物はシロナガスクジラだと言っています。
– その本によると、地球上で一番大きな動物はシロナガスクジラだということです。

個人的には直訳もけっこうカワイイと思うし、わざと「いかにも訳しました」的に訳すことも実際あるんですが、日本語として自然なのはやっぱり二番目ですね。逆に言えば、こういう英文がすらっと出てくると、アナタの英語もめっきり英語らしくなると思います!

say と同じ使い方をする動詞には、tellshowindicateexplain などがあります。いっしょに覚えてしまいましょう。

さて、今日の本題は、実は無生物主語ではないんです。じゃ何かというと、say に三人称単数現在(いわゆる三単現)の s を付けたとき(says)の発音。発端は冒頭の発言ですが、Kaoriクンが「ブック・セイズ[seiz]」と言ったので、「それはちょっと違うかも(^^;)」となったわけです。

これ、日本人にはけっこう多い間違いのようです。正解は「セ-ズ[sez]」で、セとズの間に半角分の長音符号、俗に言う音引き(ー)を入れると丁度イイ感じになると思います。

げ、とか思ったアナタ、今日を限りに「セイズ」から「セーズ」に切り替えてくださいね。

She says; He says; It says;

[`evernote` not found]

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です