♪leap year – 閏年

今年は閏年。2月は29日まであります。この閏年、4年に1回やってきます。これを英語で表現してみましょう。

リスニングレッスン

トランスクリプト

Hi everyone! Thank you for tuning in to Time for English.

This morning I turned my calendar to February. Then I said to myself, “Oh, we have February 29 this year!”

A regular year consists of 365 days. But every 4 years in February one extra day is added, which is known as a leap day in the Gregorian calendar. In other words, when there are 366 days instead of 365 in a year, that year is a leap year.

So. A leap year occurs every four years or once every four years. Let’s look at the word “every” in this sentence and see how it’s used. It’s a good expression to learn. For example, trains leave every few minutes. You need to change your banking password every ninety days or once every three months. The population census is conducted every five years. Personally I visit my mother every two weeks and I see my dentist once every six months.

Now, would you like to practice together? Please repeat after me:

A leap year occurs every four years.

日本語訳

こんにちは。いつもエイゴの時間をご愛顧いただきありがとうございます。

今朝、カレンダーをめくりました。2月です。で、気がつきました。「おー、今年は2月29日があるじゃないの。」

普通の年は365日です。でも4年に1度、2月にもう1日追加されます。グレゴリオ暦ではこの日を「閏日」と言います。英語では leap dayです。1年に365日ではなく366日ある年は閏年です。英語では leap year と言います。

さて。閏年は4年に1回やってくる。英語で言うと、A leap year occurs (once) every 4 years です。このセンテンスの everyの使い方に注目しましょう。是非覚えたいフレーズです。例えば、電車が「数分間隔」で運行している場合は every few minutesです。銀行のパスワードを「90日ごと」に変更するなら every 90 daysです。「90日ごと」は「3ヶ月に1度」ですから (once) every 3 months でもよいでしょう。国勢調査は「5年ごと」に実施されます。(once) every five years です。個人的なことですが、私は「2週間に1度」、母を訪ねます。また、「半年ごと」に歯医者に行きます。英語ではそれぞれ every 2 weeks、every 6 months です。

[`evernote` not found]

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です