あるべき場所 – Put it back where it belongs.

先々週の月曜日、レッスンの中で put something back where it belongs という表現を用いました。今日はこの動詞 belong に注目したいと思います。

おなじみ、Macmillanで belong を引くと2つの定義が出てきます。

1. to be in the right place

あるべき場所にある」ということです。表題の Put it back where it belongs は真っ直ぐ訳せば「それをそれが本来あるべき場所に戻しなさい」となります。つまり、出したもの、使ったものは「元の場所に戻しなさい」です。本は本棚に。茶碗や皿は食器棚に。ペーパーナイフは書斎の引き出しに。そういうことです。

2. to feel happy and comfortable in a particular place or with a particular group of people

前項は「物」でしたが、こちらは「人」です。慣れない場所や人の集まりの中では「浮いている」と感じるでしょう?そこはあなたが belong する場所ではないからです(^^;) 人がある場所、ある集団にあって、安心する、しっくり来る、無理がない状態を表す動詞です。よくこんな使われ方をします。

You don’t belong here!
ここはあんたのような人間が来るところじゃない!(あなたはここに属する人間ではない。)
I don’t feel I belong here.
ここは私が居るべきところではないように思う。(私、浮いてるかも。。。)

さて、皆さんの多くは belong を belong to として記憶しているかもしれません。Macmillan には belong to の項もあります。

1. belong to someone

これは be owned by someone と同じ意味で、主語に当たる物なり人が誰かの所有に帰する、誰かの持ち物であるという意味です。

The phone belongs to me.

= The phone is mine.
その電話は私のものだ。

2. belong to something

こちらは be a member of an organization と同じ意味で、主語(人)が会社や会社内の特定の部署、あるいはクラブなど、何かしらの集団や組織の一員であることを意味します。

I belong to a science club.
= I am a member of a science club.
私は科学部に所属しています。

さて。折角 belong to の使い方を説明してきて今更なのですが、「その携帯、私のよ」と言いたいとき、実はbelong toはほとんど使いません。「私、テニスクラブに入っているの」と言いたいときも同じです。並記したもう一方の言い回しの方が普通です。

同様に、自己紹介で会社での所属を言うとき、belong to で表現する人がとても多いのですが、これも belong to を使わないほうが自然かもしれません(^^;)

一応 belong to を使って表現すると。

I belong to the sales department.
私、販売部におります。

でもこちら↓↓のほうが推奨です。

I work in the sales department.
私、販売部におります。

最後にもう一つ。

Please take all your personal belongings with you.

こんなサイン、見たことありませんか? (personal) belongings は「私物、身の回りの品」のことです。通常は持ち運びできる範囲の持ち物を指します。列車やバスを利用すると、よく「お忘れ物のないように気をつけてください」というアナウンスを耳にするでしょう? belongings はこういう場面でよく使われる単語です。ついでに覚えちゃってください(^^)/


このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です