♪phrasal verbs – 句動詞

今日のテーマは「句動詞」です。look afterのように複数の部分から成る動詞をphrasal verbと言います。概して、元々の動詞単体での意味とは異なる意味を持ちます。

リスニングレッスン

トランスクリプト

Hi everyone! Thank you for tuning in to Time for English.

Many verbs in English are followed by an adverb or a preposition or both, and these two-part or three-part verbs are called “phrasal verbs”. For example, last week and the week before, you learned the expressions “put it back” and “take it back“. They’re both phrasal verbs.

A phrasal verb generally has a meaning which is different from the original verb alone. You may need to try to guess the meaning from the context. Some are easy to guess, others not. For example, the verb “look” can be used with different adverbs and prepositions to form different phrasal verbs. Look up, look down, look around may be easier to deal with. What about “look after” or “look forward to”? If you fail to guess the meaning, then make sure to look it up in a dictionary. Remember learning phrasal verbs is an important part of learning English.

Well, I won’t give you a quiz here. Instead, I’ll post a link on our website to the British Council’s webpage where you’ll find additional information about phrasal verbs. You can try a quiz there too. In the meantime, be well and see you next time!

日本語訳

こんにちは。いつもエイゴの時間をご愛顧いただきありがとうございます。

英語の動詞の多くは、後に副詞や前置詞、あるいはその両方を従えています。このように二つの部分、あるいは三つの部分から成る動詞を phrasal verb(句動詞、群動詞)と言います。先週と先々週、put it backtake it back をご紹介しました。これらは二つとも句動詞です。

句動詞は概して、元々の動詞単体での意味とは異なる意味を持ちます。ときには文脈からその意味を推量しなければなりません(^^;) 簡単に見当のつくものもあれば、そうでないものもあります。例えば、lookという動詞は多様な副詞、あるいは前置詞と組み合わせることにより、さまざまな句動詞を形成します。look up、look down、look around あたりは簡単な部類でしょう。では look afterやlook forward toはどうでしょう?意味が推量できない場合は、必ず辞書で確認しましょう。英語学習において、句動詞の学習はたいへん重要な部分を占めていますので、是非実践してくださいね(^_-)

British Council: phrasal verbs

[`evernote` not found]

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です