♪apples and oranges – リンゴとオレンジ

お互いに性質が異なっているものを「水と油」といいますが、英語では apples and oranges と言うんです。

リスニングレッスン

トランスクリプト

Hi everyone! Thank you for tuning in to Time for English.

I was in a business meeting the other day. And a gentleman also attending the meeting said, “You can’t compare apples to oranges”. Are you familiar with the expression “apples and oranges”?

If two people or things are apples and oranges, they are fundamentally different and therefore not suited to comparison.

I’ll give you some examples of how the phrase can be used in a sentence. It’s no wonder John and Mary broke up. They are like apples and oranges. You can’t compare classical music to jazz music. They’re apples and oranges.

Interestingly, some people argue that apples and oranges are not that different. They’re both fruits, about the same size and shape, both grow on trees and have seeds inside. What do you think?

Now. Why don’t you try a quiz? You’ll be given three options. Please listen carefully and choose the one that is TRUE. Ready?

If two things are apples and oranges,
1. they’re no way different.
2. they’re hardly different.
3. they’re completely different.

日本語訳

こんにちは。毎度エイゴの時間をご愛顧いただきありがとうございます。

先日、お仕事で会議に出席したときのこと。同じ会議に出席していた男性が「リンゴとオレンジを比べることはできないよ」と言いました。リンゴとオレンジ。英語の慣用表現なのですが、ご存知ですか?

根本的に性格・性質が異なり、ために比較に適さない二人の人間、あるいは二つの物を、英語ではしばしば「リンゴとオレンジ」に喩えます。

実際のセンテンスではどのように使われるのでしょう。例えば。「ジョンとメアリが別れたけど、まあそれもしかたがない。あの二人はリンゴとオレンジ(水と油)だからね。」 「クラシックとジャズを比べるのは無理がある。二つはリンゴとオレンジ(全くの別物)なんだから。」 こんな感じです。

おもしろいことに、リンゴとオレンジはそんなに違わない!と主張する人もいます。どちらも果物で、大きさも形状も似たようなもの。どちらも木に生り、種がある。どう思います?


このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です