♪Help yourself. -好きに食べてね

今日は「~をどうぞ」と相手にものを勧めるときに使えるフレーズ、Help yourselfを紹介します。



Hi everyone! Thank you for tuning in to Time for English.

Are you familiar with the expression “help yourself”? You may hear this phrase when you’re invited to dinner by a friend. There’s a whole bunch of food on the table and your host says “Help yourself”. That means “Enjoy your meal”. In other words, you can eat, without asking, to your heart’s content.

If you want to be more specific about what’s offered to eat or drink, you can do so by using the preposition “to”. For example, help yourself to some coffee. Help yourself to some ice cream. Help yourself to anything in the fridge.

In fact, you can use this phrase for offering anything. It doesn’t have to be food or drink. For example, your friend says, “Can I use your phone?” If it’s okay, you can say, “Sure, help yourself”.

Now, would you like to practice together? Please repeat after me:

Help yourself.



Help yourselfという表現をご存知ですか? もしかしたら、お友だちのお家にディナーに呼ばれた、みたいなシチュエーションで耳にすることがあるかもしれません。ごちそうのならんだテーブルを前にして、ご亭主がこう言います。Please help yourself。これはいわゆる「召し上がれ」、Enjoy your mealと同じ意味です。自由に、好きなだけ食べていいよ、と言っているのです。

「~をどうぞ」ともっと具体的に言いたいときは、前置詞「to」を使って表現します。例えば、コーヒーを勧めるときはHelp yourself to some coffeeです。アイスクリームを勧めるときは、Help yourself to some ice creamです。Help yourself to anything in the fridgeなら「冷蔵庫の中のものは好きに食べていいよ」ということです。

実は、このフレーズは食べ物や飲み物以外のものを勧めるときにも使えます。例えば、お友だちが「あなたの電話、使ってもいい?」と訊いてきたとします。もしかまわないなら、あなたはこう答えます。Sure, help yourself。これで「いいよ、好きに使って」という意味になります。



メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です