♪Mind the gap! – お足元にご注意ください。

今日は、ロンドンの地下鉄で流れるアナウンスの最も有名なものの一つ ‘mind the gap’ を取り上げます。

リスニングレッスン

トランスクリプト

Hi everyone! Thank you for tuning in to Time for English.

A couple of days ago I had a chance to chat with a gentleman from London. And somehow we came to talk about “mind the gap”, which is one of London’s most famous tube announcements advising passengers to beware of the gap between the train and the platform. The verb “mind” in this instance means to “be careful of” or “pay attention to”.

The verb “mind” also means to be annoyed or worried by something, and often used in questions for making requests or getting permission, as in “Would you mind if I use your phone?” Answering this question can be tricky. If you agree to let me use your phone, then your answer should be “NO” rather than “YES” because you do NOT mind if use your phone. Get it?

Well, I’ll continue to discuss how to deal with “would you mind” questions on our website. So please come visit on Thursday.

In the meantime, why don’t you try a quiz? You’ll be given three options. Please listen carefully and choose the one that is TRUE. Ready?

“Mind the gap” means to:
1. be careful of the gap.
2. remind me of the gap.
3. remember the gap.

日本語訳

こんにちは。いつもエイゴの時間を聞いてくれてありがとうございます。

先日、ロンドンから来た男の人とちょっとお話した折りのこと、どういう経緯か忘れましたが mind the gap の話題になりました。mind the gap はロンドンの地下鉄で流れるアナウンスの最も有名なものの一つで、「車両とプラットフォームの間のギャップに注意してください」という警告です。この場合の mind は「気をつける、注意を払う」という意味の動詞です。

mind には「嫌がる、気にする」という意味もあり、相手に何かを依頼したり許可を求めたりするときに、しばしば疑問文で使われます。例えば、Would you mind if I use your phone? は「あなたの電話を使っちゃダメ?」と訊ねています。この問いに対する答え方はちょっとトリッキーです。「使ってもいいよ」と言いたい場合、答えは YES ではなく NO になるのです。というのも、「使っちゃダメ?」に対して「ダメじゃない」という否定文で答えるからです。分かるかな?

Would you mind~?に対する答え方についてはウェブサイトでもうちょっと詳しく説明したいと思います。木曜日に更新ですので、是非来てくださいね。


このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です