♪good chemistry – 馬が合う

chemistry は「化学」という意味ですが、2人の人間関係に言及する際にも使われます。



Hi everyone! Thank you for tuning in to Time for English.

Back in February, when US President Donald Trump welcomed our prime minister, Abe-san, at the White House, he said to the reporters they had very “good chemistry“.

Chemistry is the science that deals with the nature and composition of substances and their transformations. But the term “chemistry” also refers to the way two individuals (or two people) relate to each other.

When two individuals get along, they’re friendly and compatible with each other. In this case, they have good chemistry. President Trump and Prime Minister Abe, for example, have become good friends. There’s a good chemistry between the two leaders.

Contrarily, if two individuals do NOT get along, there’s no chemistry between them, or they have bad chemistry. They don’t mix well like oil and water.

Now, would you like to practice the phrase together? Please repeat after me:

They have good chemistry.



2月、トランプ大統領は日本の安倍首相をホワイトハウスに迎えました。このとき、大統領は記者たちにこう言いました。「僕らの間にはgood chemistryがある」

chemistry は物質の性質と組成、その変化を研究する学問です。日本語では「化学」です。でもこの chemistry という言葉は2人の人間関係に言及する際にも使われます。

もし2人の仲が上手くいっているなら、彼らは親しく、意見や考え方にも共通するものがあります。こういう場合、英語では they have good chemistry という言い方をします。日本語では差し詰め、「馬が合う、相性が良い」といったところでしょうか。例えば、トランプさんと安倍さんは仲良しさんになりました。2人のリーダーの間には good chemistry が存在しています。

反対に、2人の人間関係がうまくいっていないなら、There’s no chemistry between them、彼らの間にchemistryは存在しません。They have bad chemistry とも言いますが、これはまさしく「馬が合わない」です。水と油のように「相性が悪い」のです。



メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です