月別: 2018年8月

何かについて説明して、そのすぐ後に別の言い方で同じ説明を繰り返すとき、日本語では「要するに」とか「言い換えると」とか「もっと簡単に言うと」などの表現を使います。これに相当する英語が in other words です。日本語の「要するに」と同じくらいよく使う表現です。

英英辞典のCambridgeではin other wordsをこう定義しています。

used to introduce an explanation that is simpler than the one given earlier
直前の説明よりもっとシンプルな説明を提示する際に使う。

例文も拝借しましょう。

He was economical with the truth – in other words, he was lying.
「彼は真実を語らなかった。つまり嘘をついたのだ。」

こちらはMacmillanの例文です。

These were people who fought for money – mercenaries, in other words.
「彼らは金をもらって戦う兵だった。つまり傭兵だ。」

月曜日のレッスンでも使っていますので、そちらも確認してくださいね。

ティータイム

今日は英作文に挑戦しましょう。

How long would it take to get there? と訊かれて
「10分ってとこじゃない?」
I _____ _____ 10 minutes.

小テスト

リスニング

月曜日のレッスンで旅行中に役に立つフレーズをいくつか使っています。おさらいしておきましょう。

お支払い関係の表現をもう一度。

How would you like to pay?
「お支払はどうなさいますか?(どのような方法で支払いたいですか?)」
I’ll pay in cash.
「現金払いで(お願いします)。」
I’ll pay by credit card.
「クレジットカードで(支払います)。」
Can I pay by VISA?
「VISAは使えますか?」
Do you take Mastercard?
「マスターカードは使えますか?」

相手の言ったことが聞き取れなかったときに使えるフレーズを3つ。Excuse me? と Pardon? は語尾をちょっとあげてください。

Would you say that again, please?
「もう一度言っていただけますか?」
Excuse me?
「もう一度お願いします。」
Pardon?
「もう一度お願いします。」

ティータイム

今日は英語のジョークをひとつ。

To prevent hangover stay drunk!

いかがです? 笑えました?

エイゴで遊ぼ! ジョーク

リスニング

最近のトランプ大統領のツイートから気になる表現を取り上げます。

22:13 – 2018年7月29日
“I would be willing to “shut down” government if the Democrats do not give us the votes for Border Security, which includes the Wall! Must get rid of Lottery, Catch & Release etc. and finally go to system of Immigration based on MERIT! We need great people coming into our Country!”
「民主党が壁を含めた国境警備の予算確保に賛成しないなら、政府閉鎖も辞さない!ビザ抽選制度や捕まえてもすぐに釈放のようなやり方はやめて、能力に基づく移民制度に移行すべきだ!優秀な人には是非来てほしい!」

トランプ大統領de英語