30℃超え – It’s already over 30 degrees.

暑いですね~。朝起きて、ニュース番組にチャンネルを合わせると、必ずと言ってよいほど耳にするのがこの一言。

「午前8時の時点で既に30度を超えています」

英語で言うと。

It’s already over 30 degrees.
「(気温は)既に30度を超えています。」

温度を表す記号は「℃」ですが、英語では degree(s) Celsius と読みます。セルシウスさんが考案した測定方法で、日本語にすると「摂氏」です。世界の多くの国が摂氏を使う中、大国アメリカは少数派の「華氏」を使っています。英語では Fahrenheit です。

気温は temperature です。気温を尋ねるときはどう言えばよいのでしょう。

What’s the temperature?
「気温は何度ですか?」

答えるときの主語はお天気同様 it を使います。摂氏を使っていることが自明の場合は Celsius を省略してもかまいません。

It’s about 20 degrees (Celsius).
「20度くらいです。」
It’s 5 degrees below (zero).
「氷点下(マイナス)3度です。」

例文をあと2つほど。

Water boils at 100 degrees Celsius.
「水は摂氏100度で沸騰します。」
Water freezes at 0 degrees Celsius.
「水は摂氏零度で凍結します。」

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です