♪Nothing is set in stone yet. – まだ何も決まってない。

今日とりあげるフレーズは、石に刻まれたものは変更ができないということから来た言葉 set in stone です。

リスニングレッスン

トランスクリプト

Hi everyone! Thank you for tuning in to Time for English.

Are you familiar with the expression “set in stone”?

The other day, I was in a meeting as an interpreter. My clients and their counterparts were talking about a project they’re launching together. One of the gentlemen in the meeting, who’s from the U.S., said about its timeline and milestones, “Nothing is set in stone yet”.

If something is set in stone, it’s fixed, permanent and unchangeable. For example, you’re negotiating an agreement. At this point in time, anything can change. In other words, nothing is set in stone yet. Once the agreement is signed and executed, you can no longer change it. It’s now set in stone.

The phrase is very often used in business as it typically refers to a plan or idea. And instead of saying “set in stone,” you can also say ‘written in stone” or “carved in stone”.

Now, would you like to try a quiz? You’ll be given three options. Please listen carefully and choose the one that is TRUE. Ready?

If something is set in stone,
1.it’s decided.
2.it’s flexible.
3.it’s heavy.

日本語訳

こんにちは。いつもエイゴの時間をご愛顧いただきありがとうございます。

set in stoneという表現をご存知ですか?

先日、ある会議に通訳として参加しました。私のお客さんと相手方の当事者さんたちは両者がいっしょに立ち上げるあるプロジェクトについて協議していました。その協議の中で、米国から出席していた男性がこのプロジェクトのスケジュールについてNothing is set in stone yetと表現しました。

物事が確定的、恒久的で、変更不能な状態にあるとき、英語ではしばしばこれをset in stone、「石に刻まれている」と表現します。例えば、ある契約について交渉しているとしましょう。現段階ではまだ、内容はどうとでも変更可能です。まだ何もset in stoneではない、確定していません。一方、契約書に正式に署名すれば、もう中身を変えることはできません。すべてset in stone、確定済みで変更不能です。

このフレーズは計画や構想に関して使われることが多く、ビジネスでも非常によく使われます。set in stoneをwritten in stoneとかcarved in stoneと言い換えることもできます。


このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です