♪come rain or shine – 降っても晴れても

rain or shine というフレーズは「雨でも晴れでも」つまり「雨天決行」という意味です。比喩的に「何があろうと」という意味でも使われます。

リスニングレッスン

トランスクリプト

Hi everyone! Thank you for tuning in to Time for English.

The rainy season’s here.

When it rains, some outdoor events and activities, like baseball games, open-air concerts or barbecues, are cancelled or postponed. They are “rained out” or “rained off”.

There are other events, however, that won’t be cancelled even when it rains. They are “rain or shine” events. For example, you’re invited to an outdoor yoga class. The invitation says, “All ages and levels are welcomed. Come rain or shine.” It means anyone can join and it’ll be held whether it rains or the sun shines.

The phrase is also used figuratively for “no matter what happens”. For example, I’ll be there, come rain or shine. You can also say “come rain or come shine”, or just “rain or shine” without the word “come”. For example, he’s always reliable, rain or shine.

Now, would you like to practice the phrase together. Please repeat after me:

I’ll be there, rain or shine.

日本語訳

こんにちは。いつもエイゴの時間を聞いてくれてありがとうございます。

梅雨です。

雨が降ると、屋外のイベントや活動、例えば野球の試合とか野外コンサートとかバーベキューなどでがしばしば中止や延期になります。雨で延期になることを、(be) rained outあるいは (be) rained offというイディオムで表現することがあります。

一方、雨が降っても中止にならないイベントもあります。晴雨に関わらないイベントを英語ではrain or shineのイベントと言います。例えば、「青空ヨガに来ませんか」というお誘いをもらいました。招待状にはこう書いてあります。「年齢、経験は問いません。Come rain or shine」 これは「誰でも参加できますよ、雨が降っても陽が差してもやりますよ」という意味です。

このフレーズは比喩的に使われることもあります。「何が起ころうとも」という意味です。例えば、I’ll be there, come rain or shineは「雨が降ろうと槍が降ろうと必ず行きます」です。come rain or come shineも同じです。また、He is always reliable, rain or shineのように comeを使わないこともあります。意味は同じ。何があろうと彼はいつでも頼りになる、です。


このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です