カテゴリー: ティータイム

ティータイム

ティータイム

今日は月曜日のレッスンの補足です。take it for granted (that) の使い方について、もう少し詳しくお話しましょう

take something for granted には「あって当たり前と考え、ろくに感謝もしない」のほかに、「深く考えも確認もせず、そういうものだと思い込む」という意味でも使われます。また、take it for granted that のようにthat節を伴うこともあります。

ティータイム

ティータイム

おトイレが詰まりました。でも詰まったのはお掃除中で、用を足した直後ではありませんでした。もし普通に使用した後で詰まっていたら、もっとずっと悲惨なことになっていたでしょう。この「もっと悪いことになっていたかもしれない」を英語で言うと、こうなります。

It could have been worse.

ティータイム

ティータイム

何かについて説明して、そのすぐ後に別の言い方で同じ説明を繰り返すとき、日本語では「要するに」とか「言い換えると」とか「もっと簡単に言うと」などの表現を使います。これに相当する英語が in other words です。日本語の「要するに」と同じくらいよく使う表現です。

ティータイム

ティータイム

暑いですね~。朝起きて、ニュース番組にチャンネルを合わせると、必ずと言ってよいほど耳にするのがこの一言。

「午前8時の時点で既に30度を超えています」

英語で言うと。

ティータイム

ティータイム