カテゴリー: ティータイム

ティータイム

ニトスキって知ってる?
きりたんぽって知ってる?
金閣寺って知ってる?
21世紀の資本論って知ってる?
ディーン・フジオカって知ってる?

「~って知ってる?」誰もが日常的に使う表現です。もちろん、英会話でも使います。では。英語では何と表現すればよいのでしょう? 実は、月曜日のレッスンの中に出てきます。

ティータイム

ティータイム

ティータイム

ティータイム

高校生のときだったかな。allergy、energy、ideologyを三つひとまとめに覚えた記憶があります。アレルギー、エネルギー、イデオロギーはいずれも外来語として日本語の中に定着していますが、英単語の読み方としてはちょっと違う。あえてカタカナで表記しますと、それぞれアラジー、エナジー、アイディオロジーです。

月曜日のレッスンで「~にアレルギーがある」という表現をご紹介しました。

I’m allergic to pollen.
花粉にアレルギーがある。

ティータイム

ティータイム

Are you OK for time?

月曜日に引き続き、timeを使った表現をもう一つご紹介しましょう。

その前に、ちょっと月曜日のおさらいをしておきましょう。

Do you have the time? (What time is it?)
今何時か分かります?
Do you have time now?
今ちょっといい?(時間もらえる?)

ティータイム

レオナルド・ディカプリオさんのアカデミー賞受賞に関する海外の記事を読んでいると、sixth time lucky というフレーズが散見されます。日本語にすれば「六度目の正直」。実は、もともとの形は third time lucky です。三度目の正直。日本語と同じですね。

ティータイム

レオナルド・ディカプリオさんがついに!!!オスカー像を手にしました。授賞式のスピーチでは気候変動の脅威に触れ、環境保護活動家としての一面をのぞかせました。フェイスブックやツイッターなどの反応には I couldn’t agree more! というコメントが見られました。

I couldn’t agree more.

ティータイム