カテゴリー: ティータイム

ティータイム

ティータイム

ティータイム

ご存知の通り、航空券にはクラスがあります。上からファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラス。ビジネスクラスよりぐんと格は落ちるけど、エコノミークラスよりは余程ましなプレミアムエコノミーとかエコノミープラスと称される中の上クラスの座席もあります。

「ファーストクラスで飛ぶ」とか「ビジネスクラスに乗る」とか「エコノミークラスで行く」とか言いたいとき、英語ではどう表現するのでしょう?けっこう簡単です(^_-)

ティータイム

先週、先々週のティータイム< で目的語に動名詞を取る動詞として justifyenjoy をご紹介しました。

「止める」という意味の stop も justify、enjoy の仲間なのですが、stop の後に不定詞が来ることもあり、その場合、意味は動名詞のときと異なります。異なるというより、しばしば反対の意味になるので特に注意が必要です。これを機におさらいしておきましょう。

ティータイム

ティータイム

月曜日のレッスンで justify という単語を使っています。

You can justify getting a new one.

justify というと、大学受験の英語のお勉強で「正当化する」みたいに覚えた記憶がうっすらとありますが、じゃあ実際の会話でどう使うかというとイマヒトツ分からない(-_-;) 日本語の日々の会話でも「正当化」なんて単語は滅多に使わないですよね。ところがこの justify、英語の日常会話ではけっこうしばしば使われるのです。How?

ティータイム

ティータイム

ティータイム

not my cup of tea の親戚筋にあたる慣用句をご紹介しましょう。

私は全面的かつ絶望的な運動オンチなのでスポーツはやらないし観ない。でも東京オリンピックを楽しみにしている人の前で「オリンピックなんてどうでもいい」とは言えません(^^;) 同様に、映画が大好きな人の前で「映画なんて嫌いだ」とか、オレはけっこうなラーメン通だという人の前で「ラーメンなんて嫌いだ」とはやっぱり言いにくい。

ティータイム