タグ: お天気

何かについて説明して、そのすぐ後に別の言い方で同じ説明を繰り返すとき、日本語では「要するに」とか「言い換えると」とか「もっと簡単に言うと」などの表現を使います。これに相当する英語が in other words です。日本語の「要するに」と同じくらいよく使う表現です。

英英辞典のCambridgeではin other wordsをこう定義しています。

used to introduce an explanation that is simpler than the one given earlier
直前の説明よりもっとシンプルな説明を提示する際に使う。

例文も拝借しましょう。

He was economical with the truth – in other words, he was lying.
「彼は真実を語らなかった。つまり嘘をついたのだ。」

こちらはMacmillanの例文です。

These were people who fought for money – mercenaries, in other words.
「彼らは金をもらって戦う兵だった。つまり傭兵だ。」

月曜日のレッスンでも使っていますので、そちらも確認してくださいね。

ティータイム

月曜日のレッスンで旅行中に役に立つフレーズをいくつか使っています。おさらいしておきましょう。

お支払い関係の表現をもう一度。

How would you like to pay?
「お支払はどうなさいますか?(どのような方法で支払いたいですか?)」
I’ll pay in cash.
「現金払いで(お願いします)。」
I’ll pay by credit card.
「クレジットカードで(支払います)。」
Can I pay by VISA?
「VISAは使えますか?」
Do you take Mastercard?
「マスターカードは使えますか?」

相手の言ったことが聞き取れなかったときに使えるフレーズを3つ。Excuse me? と Pardon? は語尾をちょっとあげてください。

Would you say that again, please?
「もう一度言っていただけますか?」
Excuse me?
「もう一度お願いします。」
Pardon?
「もう一度お願いします。」

ティータイム

暑いですね~。朝起きて、ニュース番組にチャンネルを合わせると、必ずと言ってよいほど耳にするのがこの一言。

「午前8時の時点で既に30度を超えています」

英語で言うと。

ティータイム

ティータイム

ティータイム

暑い日が続きます。もはや hot ではすまされない猛暑酷暑。英語ではどう表現するのでしょう?
けっこういろいろあるんですよ(^^;) エイゴの時間を長くご愛顧いただいている皆さまにはもうおなじみの表現かもしれませんが、おさらいがてら、おつきあいくださいませ。

ティータイム

ティータイム

昨日は雨、一昨日も雨。そして今日も雨。つまり3日続けて雨降りです。こんなとき、英語ではどう表現するでしょう?

リスニングレッスン

リスニング

暑い日が続きます。もはや hot ではすまされない猛暑酷暑。英語ではどう表現するのでしょう?
けっこういろいろあるんですよ(^^;) エイゴの時間を長くご愛顧いただいている皆さまにはもうおなじみの表現かもしれませんが、おさらいがてら、おつきあいくださいませ。

ティータイム

昨日は猛暑でした。で、今日もまた暑い。こんなとき、英語ではこういう表現を使います。”It’s another hot day today.”

朝のニュース番組の天気予報でもよく使われるフレーズです。

リスニングレッスン

リスニング