タグ: 否定

リスニング

not my cup of tea の親戚筋にあたる慣用句をご紹介しましょう。

私は全面的かつ絶望的な運動オンチなのでスポーツはやらないし観ない。でも東京オリンピックを楽しみにしている人の前で「オリンピックなんてどうでもいい」とは言えません(^^;) 同様に、映画が大好きな人の前で「映画なんて嫌いだ」とか、オレはけっこうなラーメン通だという人の前で「ラーメンなんて嫌いだ」とはやっぱり言いにくい。

ティータイム

A cup of tea は「一杯の紅茶」ですが、これを my cup of tea とすると「私の好きなもの、関心のあるもの」という意味になります。また、この慣用句は多くの場合、否定文で使われます。

リスニングレッスン

リスニング

ティータイム