タグ: 決まり文句

リオ五輪が閉幕しました。日本人のメダル獲得数は過去最多とか。

メダルの有無にかかわらず、あるいはスポーツに限らず、誰かが頑張って何事かを達成したときに、英語ではしばしばproudという言葉を使って称賛の気持ちを表現します。

I’m proud of you!

ティータイム

六月は雨の月。というわけで、今日は雨関係の表現をご紹介します。take a rain checkという慣用表現をご存知でしょうか。実は、意味的には雨とまったく関係なく、お誘いを断るときに使える表現なのです。

リスニングレッスン

リスニング

つい失言してしまい「言わなきゃよかった…」って後悔する事、ありませんか?そんなとき英語ではこう言います。I’m sorry. I didn’t really mean it. I take it back.

リスニングレッスン

リスニング

レオナルド・ディカプリオさんがついに!!!オスカー像を手にしました。授賞式のスピーチでは気候変動の脅威に触れ、環境保護活動家としての一面をのぞかせました。フェイスブックやツイッターなどの反応には I couldn’t agree more! というコメントが見られました。

I couldn’t agree more.

ティータイム

先週、It’s goneという表現を取り上げました。今回は I’m gone です。

gone という単語は go の過去分詞形ですが、日本人にはなかなか使いにくい単語のひとつではないでしょうか。おそらく、go は「行く」、eat は「食べる」、apple は「りんご」のように、これだ!という訳語で説明できないせいかもしれません(^^;)
ところがこの使いにくい gone、日常会話では非常によく使われるのです。今日は文法的な説明は抜きにして、gone を使う会話表現を三つ、ご紹介したいと思います。

ティータイム

ある事が起こり、その事について誰かに訊ねられたとします。「いったいどうしたんだ?」内容が込み入っていたりして、説明するのがちょっと面倒。そんなとき、よく使われるのがこれ。

It’s a long story.

リスニングレッスン

リスニング

ティータイム

Why did the students eat their homework?
Because the teacher said (that) it was a piece of cake.

いかがでしょう?笑えましたか?今日はジョークを利用して、楽しく英語の慣用表現を覚えましょう。

リスニングレッスン

リスニング

リスニング

月曜日のレッスンでget the door、「玄関に出る」という表現をご紹介しました。では「訪問者の存在を知らせる」表現はどうでしょう。例えば、玄関のベルが鳴り、小さな娘が母親に「ママ、誰か来たよ~」なんて言うかもしれません。この「ママ、誰か来たよ~」は英語でどう表現するのでしょう?

ティータイム