雨の日に使えるフレーズ(1)

日本では6月と言えば雨の季節。雨の日に使えるごく基本的なフレーズをいくつかご紹介しましょう。

まずは基本から。rainは動詞です。主語はitを使います。「6月にはたくさん雨が降る」という事実を述べているので時制は現在形です。

It rains a lot in June.
「6月は雨が多い。」

屋外から来た人に「雨降ってる?」と訊くときは現在進行形です。これも簡単。このまま暗記でOKです。

Is it raining?
「雨降ってる?」

屋外から屋内に入ってきた人が「外は雨だよ」って言うときに使えるフレーズです。雨の程度にかかわらず、どんな雨にも使える最も一般的な表現です。

It’s raining outside.
「外は雨だよ。」

ポツポツ、パラパラ程度の軽い雨です。もしかしたら傘は要らないかもしれません。

It’s just sprinkling.
「ポツポツ来てるね。」

小雨、霧雨、こぬか雨。sprinkleよりは雨らしい雨だけど、rainというほどの雨ではない感じ。

It’s drizzling.
「小雨が降ってます。」

激しい雨。ざあざあ降り。グラスにビールをなみなみと注ぐ。pourはこの「注ぐ」です。

It’s pouring.
「土砂降りだよ。」

これも激しい雨を表現するときに使います。

It’s really coming down.
「本降りになってきた。」

もっとあるのですが本日はここまで。次回も雨降りフレーズをご紹介します。Stay tuned!


このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です