エイゴの時間 ♪ 音声付き英語学習サイト Posts

ティータイム

何か質問されて、答えていると話が長くなってしまうような場合、かいつまんで話してしまうこと、ありますよね。そんなときによく使われるのが、To make a long story short です。

リスニングレッスン

リスニング

gone という単語は go の過去分詞形ですが、日本人にはなかなか使いにくい単語のひとつではないでしょうか。おそらく、go は「行く」、eat は「食べる」、apple は「りんご」のように、これだ!という訳語で説明できないせいかもしれません(^^;)
ところがこの使いにくい gone、日常会話では非常によく使われるのです。今日は文法的な説明は抜きにして、gone を使う会話表現を三つ、ご紹介したいと思います。

ティータイム

ある事が起こり、その事について誰かに訊ねられたとします。「いったいどうしたんだ?」内容が込み入っていたりして、説明するのがちょっと面倒。そんなとき、よく使われるのがこれ。

It’s a long story.

(2015年12月7日の記事の再掲載です)

リスニングレッスン

リスニング

月曜日のレッスンrelevant という単語を使いました。

Everyone feels motivated if they are learning things that are relevant to themselves.
誰しも自分に関係のある物事を学ぶときは、いっそうやる気が出るものだ。

relevant には大抵、「関係のある、意味のある、適切な」などの訳語が充てられます。それほど難しい単語ではないのですが、「イマイチ意味が掴めない」という声は案外に多い。なので今日はこのワタクシメが relevant の説明にチャレンジしたいと思います!

ティータイム

hay fever って何でしょう?目がかゆくなったり、鼻がぐずぐずしたり、くしゃみがとまらない、あれ。今日は花粉症の症状を英語で表現してみましょう。

(2015年4月13日の記事の再掲載です)

リスニングレッスン

リスニング

ティータイム

リスニング

月曜日のレッスンで expect を進行形で使うお話をしました。be expecting someone/something で、「誰か・何かの到着を待つ」という意味でした。さらに説明するならば、expect はもともと「期待する、予期する」という意味ですから、来るのか来ないのか分からないものを待つのではなく、あくまでも「来ることを想定して待つ」ときに使います。

ティータイム

expectという動詞はしばしば進行形で「何かを待っている」という意味になります。さて、女の人が I’m expecting. と言うとき、何を待っているでしょう?

リスニングレッスン

リスニング