エイゴの時間 ♪ 音声付き英語学習サイト Posts

月曜日のレッスンでas planned、as announced、as expectedという表現を使っています。英語にはこのような「as+過去分詞」の慣用表現がけっこうたくさんあって、ビジネス英語でもよく使います。「~の通り」とか「~のように」という意味です。たとえば、as plannedは「予定・計画通り」、as announcedは「発表の通り」、as expectedは「予想通り・期待通り」という意味です。

今回はas plannedを含め、よく使われるフレーズを3つご紹介します。

ティータイム

リスニング

月曜日のレッスンで「別居」という言葉を使いました。せっかく(?)なので、「別居」と「離婚」に関する(もしかしたら)役に立つ例文をご紹介したいと思います。

英語の名詞で「別居」を表す言葉はseparation、「離婚」はdivorceです。

知ってて良かったともしかしたら思うかもしれない例文をいくつか。

ティータイム

リスニング

ティータイム

リスニング

「試合終了のホイッスルーっ!」というフレーズを耳にするたびに、それ「ホイッスル」じゃないから。と突っ込んでしまいます。日本語に帰化した英単語だと思えばいいんだけど、ときどきどーしても気になるケースがあるのです。「ホイッスル」もそのひとつです。

ティータイム

リスニング

コロナ禍のせいでよく使われるようになった言葉やフレーズがあります。前回ご紹介したWFHという略語もそうです。今回取り上げる curbside pickup も同様です。

さて。curbside pickupとは何のことでしょう。

ティータイム

“hold water”と聞くと水が容器などに入って漏れていない状態が思い浮かぶと思います。この様子を筋道が立っている、完璧である様子に例えて比喩的に使われることがあります。この”hold water”、使い方にはコツがあります。そのコツは、レッスンを聞いてくださいね。

リスニングレッスン

リスニング